フィッティング関連, 商品紹介, 雑記

サドル計測のススメ Specialized Power レンタルサドルのご案内

一昔前、
シマノコンポのバイクにカンパのホイールはいただけない
TIMEのフレームにLOOKのペダルは邪道だ。逆も然り。
などなど、そんな価値観だった時代がありました。(フルクラムが誕生した理由もそこにあります。)
昔と比べると今はそんなこと言う人も少なくなって、シマノコンポにZONDA履かせたり、フレームとの相性でフルクラムとカンパを選び分けるのが当たり前になりましたね。

何の前置きかっていうと、スペシャライズドバイクのユーザーでなくても、その他用品にスペシャライズドを選ぶのがおかしくない時代になったんですよという話。
その中で、POWER、POWER ARCサドルは非常に人気があり、スペシャライズド製品でも人気ランキング1位の商品です。


ちなみにクリス・フルーム選手はロゴ消しでPOWERサドル使っています。


POWERは2種類、POWERとPOWER ARC、女性ライダー向けにPOWER Mimicがあります。
価格は各15,000円+税

さらに、幅が143 155 168と3種類あり坐骨の幅によって選択が変わります。
坐骨の幅については、身長による違いはあまり関係なく小柄なライダーでも168になったり身長が185の体格のいいライダーでも143になったりするので、きちんと計測した上で購入することをオススメします。
この計測はサドルフィッティングでは非常に重要で、幅が合っていないと、骨盤が安定しなかったり内腿の痛みが発生し、ペダリングバランスが狂ってしまいます。購入時は必ず計測していただきます。
購入時の測定料金は無料です。
測定のみは有料となります。


計測は店内にある測定器を使います。これを置いてる店はRetul Fitをやってる店だけです。
圧力センサーの上に座っていただき、いくつかの質問に答えていただきます。


測定器はiPadのアプリと繋がっており、ガイダンスに従って計測を進めていきます。


3回の計測の平均値で坐骨幅を計測します。
画面上の2つの◎がサドル上でいちばん圧力が掛かっているポイント、つまり坐骨です。
大泉は101mmでした。


坐骨の測定結果から、大泉のサドル幅は143に決定しました。
あとはPOWERかPOWER ARCかの選択ですが、
座面がフラットなのがPOWERで、ラウンドしてるのがPOWER ARCです。

これは相性もあるのでレンタルでお試しいただくのが近道と思います。
ちなみに、大泉はPOWER ARCが全く合わず、POWERが最高に良かったのでこちらを使用しています。


当店では2週間2,000円で計測込みでサドルレンタルしていますので、お試しいただくことができ、2週間以内であれば交換も可能です。
また、延長も1週間1,000円で承っております。
ご利用後、一ヶ月以内に購入いただいたお客さまはレンタル代金全額をキャッシュバックいたします。
事前予約の必要はありませんのでいつでもご来店ください。
また、POWER 、POWER ARC、Mimicについては、常時在庫していますので即お渡しが可能です。

 

こんな方。。。
ペダリングが安定しない
レーサーパンツも買ったけど尻が痛い、
長距離乗ると体の痛みに耐えられない、
買った自転車屋に「痛いのは慣れろ」と言われた
そんなみなさん。
痛みの先にあるのは栄光ではありません。故障です。

サドルだけが原因とは限らない場合も多くありますが
是非一度ご相談ください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です