スペシャライズド2020, 雑記

スペシャライズド2020追加モデル発売開始!

9月25日26日とお休みをいただきまして、スペシャライズドとLOOKの2020ニューモデル展示会に行ってきました。

スペシャライズド編LOOK編と2回に分けてご紹介いたします。

7月がモデルイヤーのスタートとなるスペシャライズドでは、すでに発表となっているROUBAIX、VENGE、MTBカテゴリーの展示はなく、
9月発表のTARMAC、ALLEZ、DIVERGEがメインとなります。今期から男性モデル女性モデルといった性別によってカラーを分けたりということをやめ、ほぼすべてのモデルに最小44サイズを設定しています。

TARMAC

S-WORKS TARMAC 完成車 1,050,000円(税別)2色


S-WORKS TARMAC フレームセット 450,000円 3色
完成車カラーも目新しい、ロケットレッドからバックステーはクリムゾンレッドに変化していきます。
フレームセットは、他グレードにもあるカメレオンブルーとグリーンのカモフラがオシャレ。
2番めの今まで見たことのない複雑な模様はサテングラナイトと言って、塗装したあと上から特別なシートを掛けて独特の模様を仕上げるんだそうです。
手作業で仕上げられた一本一本表情の違うフレームです。


TARMAC EXPERT  UDi2  550,000円 2色
個人的にはこのモデルがイチ押しです。
2020モデルからアルテグラDi2搭載になりグッとお求めやすくなりました。
C38カーボンホイールも標準装備ですから後からカスタムするところがあまりありません。
カメレオンブルーのカモフラがオシャレ。


TARMAC COMP  340,000円 2色
アルテグラ搭載モデル
ブラックのモデルはよく見るとカモフラ柄になってて良いですね。
赤い方はよく見るとパイプの上面がグラデーションでパープルになっています。


TARMAC SPORT  260,000円 3色
105搭載モデル
スペシャが完成車にシルバーを採用するのは久しぶりかもしれません。個人的にはとても好きなカラー。
シンプルで鮮やかなブルーが宮崎的にはオススメだそうです。
ブラックのモデルはロゴが光の加減で紫からブルーに変化するカメレオンカラーです。


ALLEZ SPRINT COMP DISC 220,000円 2色
105搭載モデル
はい来ましたファンも多いアレースプリントです。
アルミだからといって廉価なバイクではありませんよアレースプリントは。
アメリカではゴリゴリの兄ちゃんがカスタムして街中でクリテリウムレースしてる、レーシングバイク。
カラーリングもヤンチャですねー。
ハイトの高いカーボンホイールもよく似合うこのバイクは2020モデルでも最高にクールなカラーリングで登場してくれました。
ハッ!個人的思い入れで書いてしまった!でもそれぐらい良いバイク。


ALLEZ ELITE  149,000円 2色
105搭載モデル
E5アルミフレームにフルカーボンフォークを採用しています。
ーエリートの新色はマットブラックのサテンとグレーのグラデーション。
ターマックにも採用されているグレーカラーは今までにないカラーで新鮮ですね~。
フレーム設計がスプリントに比べてアップライトに出来ていますのでドロップハンドルが初めての方も安心してお乗りいただけます。


ALLEZ SPORT  99,000円 2色
SORA搭載モデル
ELITEと共通のフレームで、フォークは同じくフルカーボンです。
価格は安いですが仕様は安くない。スペシャライズドのパフォーマンスロードでは非常にお買い得なモデルだと思います。


DIVERGE SPORT CARBON  290,000円 2色
105搭載モデル
ディヴァージュは、現在ブームの兆しを見せるグラベルバイクです。
先日行った王滝でもグラベルバイククラスに多数エントリーされていました。
10月にはグラインデューロも開催されますし非常に注目しているカテゴリーです。
ROUBAIXと同じサスペンションをステム下に備え、振動吸収抜群
タイヤは700×42c、650B×47cまで入ります。クリアランスが抜群に広く林道ツーリングなんかもできる懐の深いバイクです。


DIVERGE E5 COMP  200,000円 2色
105搭載モデル
SPORTとの違いはフレームがアルミになります。
サスペンション機構とタイヤクリアランスは同じですし、105油圧ディスク搭載モデルとしては当モデルがスペシャライズドでは最もリーズナブルです。通勤からトレッキングまで一台で何でもできそうですね。


DIVERGE E5  108,000円 2色
クラリス搭載モデル
COMPとの違いはステム下のサスペンションが無く、8速のクラリスが採用されています。
タイヤクリアランスは上位モデル同様ですので、お手頃にグラベルバイクを体感できます。
クロスバイクとドロップハンドルで迷ったらこのバイクも選択肢として十分と思います。

ロードバイク追加モデルのご紹介はこのへんで、気になるエキップメントも多数あったのですが厳選して。

S-WORKS7限定カラー 37,000円
レギュラーモデルではなく、一回限りの生産だそうですのでほしい方はお早めにお問い合わせください。


S-WORKS RECON  ロケットレッド  37,000円
オフロードシューズのRECONに追加カラーです。
こちらはレギュラーモデルになります。
私も使用してますが無茶苦茶良いですよ。フィット感とか。


TURBO RAPID AIR  26c 28c 8,000円  専用シーラント 1,000円
過去の経験からチューブレスタイヤどうなんだと思ってますが、他の販売店さんの話を聞くと「スゲー良い」らしいです。
普通、販売店間の会話はセールス関係ないのでシビアになりがちですがこの新型チューブレスに関しては異口同音に「普通のタイヤみたいに嵌めやすくて転がりも良いぞ」と。

あと、この新型シーラント剤、私が嫌う原因の一つ、ラテックスを使用していないのでタイヤ内で固まらないのが良いです。
ついでに言うとラテックス不使用のぶん、独特の臭さがありません。
確かにNoTubesのラテックス入りシーラントは時間が経つと臭いです。
若き日にラテックスはゴム臭がないと学んだはずでしたが?あ、それはポリウレタンか。

と駆け足でご紹介しました。
今回ご紹介したニューモデルはすでにメーカーに入ってきていますのですぐに納車可能です。
また、増税前9月中のご注文であれば10月以降の入荷であってもサービスさせていただきます。

長々とありがとうございました。ご来店お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です