メカニック

お持ちのカンパorフルクラムホイールCULT化しませんか?

カンパニョーロのハブベアリングには大きく4種類あります。

 

カムシン、シロッコシールドベアリング

ゾンダ、ユーラスはカップコーン式スチールベアリング

シャマルウルトラ、MILLE、BORA ONE はUSBベアリング

BORA TWOにはCULTベアリングが使用されています。

 

USBベアリングは、

セラミックベアリング仕様(グリース必要)

CULTベアリングは、

セラミックベアリング+強化ボールレース(グリース不要)

通常、セラミックベアリングは、ボールレースを削ってしまいますのでグリースが不可欠ですが、

ボールレースに強化加工してあるCULTならばボールレースは削れません。

当然グリースレスになればUSBよりもCULTの方が気持ちよく回ります。

明確に回転の違いがわかりますよ!

 

元々カンパのハブは精度が高く、回転が良いのが特徴ですが、

ゾンダ以上のモデルであればハブシェルの設計はすべて同じで、違いは材質だけですので、

ゾンダにCULTベアリングをインストールして超絶回転ハブにチューンナップすることもできます。

もちろんSHAMALをCULT化することもできますよ。

BORA ONEはリムとスポークはTWOと共通ですから、CULT化すればBORA 1.6くらいにはアップデートできますね。

 

今回のご依頼はZONDAにCULTのインストールです。

ハブをバラします。ここまではオーバーホール時の作業です。

写真はゾンダ標準のスチールベアリングです。

ハブにカップが圧入してありますのでカンパニョーロの推奨工具で外します。

この工具はカンパハブのためだけに作られた専用品です。

外したあとのハブシェルとカップです。

このあとシェルは洗浄し、CULTキットをインストールしていきます。

カップはもう使い道がないでしょう。

これがCULTキットです。セラミックベアリング以外は見た目あまり違いがわかりませんが、グリースなしでもレースを削らないよう加工が施されています。

CULTのカップを圧入していきます。

ツールはカンパのハブの圧入のためだけに作られた専用設計です。

寸分違わず綺麗に圧入してくれます。

セラミックベアリングを収め、新しい玉押しをハブ軸にセットします。

パーツを所定の場所に収め、玉当たりを確認したら完了です。

ゾンダCULTカスタムの完成!素晴らしい回転のホイールになりました!

次は後輪。。。同じ作業なので割愛します。

 

CULT化は通年いつでも受付していますが、CULTキットの持ち込み作業はお断りしています。

 

費用は。。。

ゾンダ、ユーラス、フルクラムレーシング3、レーシングZERO(USB以外)50,000円(込)

シャマルウルトラ、MILLE、BORA ONE、フルクラムレーシングZERO NITE、SPEED40Cなど(USBのもの)46,000円(込)

 

となっておりますので、いまお持ちのカンパニョーロホイールでアップデートを考えていらっしゃるお客さま、御来店お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です