雑記

2019ロードディスクブレーキを取り巻くバイク選びアレコレ

みんな大好き「リムブレーキ(キャリパーブレーキとも)orディスクブレーキ論争」の話。

お店の人としては、この論争になると慎重に平等に語らねばならないと思っておりますのでどうかそのへんご理解を。
ブレーキ性能だけの話になるとディスク圧勝なのでここではしません。
また、ここで言うディスクブレーキは油圧ディスクのことを指します。ワイヤーディスクもありますが、ワイヤー式を選ぶなら、105キャリパーブレーキの方が性能が良いので。

話は2年前にさかのぼります。
スペシャライズドは2年前、2017モデルに現在の各メーカーのスタンダードとなったエンド規格、100×12mm 142×12mmスルーアクスルの
現行「ROUBAIX」を発表しました。設定はディスクブレーキのみ。
「え!キャリパー無いの?マジかよ」と。
展示会場であっけに取られたのを覚えています。
ですが翌日その不安はワクワクに変わりました。
私と宮﨑は山梨の展示会場のアップダウン、グラベルで初めてロード用油圧ディスクスルーアクスルのバイクに乗り、そのコントロール性の高さに感動したのでした。こりゃ良いぞと。
とっても気に入った私たちはさっそくROUBAIXを用意して店頭試乗車にしました。
ですがまだこのころはロードディスクブレーキのデメリットばかりが語られて、謂わば異端。他の販売店もまだ及び腰だったと思います。
お客さまの反応も、「新型ROUBAIX良いね!ところでキャリパー出ないの?」「キャリパーなら買ってた」「良いけどホイールの選択肢が少ない」

スペシャライズドは良くも悪くも時代の先取りが早すぎます。1周も2周も先を行ってしまっている。
もう少しマーケットに媚を売ればいいのにと思うときも多々。そこが良いところだったりしますが
それだけスペシャのディスクロードの出来が良かったんですね。

で、2018年の今、2019モデルが各社出揃ったタイミング
ホイールメーカーもこぞってディスクブレーキ用ホイールをリリース
UCIレースでディスクブレーキが全面解禁になり、各社ディスクブレーキモデルをラインナップするようになりました。
グランツールでのTARMAC、VENGEの大活躍もあり、ようやく市民権を得たと感じています。
私自身も現在はTARMAC DISCに乗り換えディスクロードの良さをあらゆる面で感じています。
同時に、ROUBAIXをお買い求めになる方が再び増えてきて、ようやく時代が追いついた気がします。

余談ですが、12月号のサイクルスポーツ誌のエアロロード特集でVENGEが他社エアロロードとの比較記事で「最速のエアロロード」との評価をいただきました。
気になる方は書店または当店備え付けのサイスポで。

ディスクブレーキ用のフレーム作りのキモは、これまでキャリパー本体がバイクの真ん中の位置にあったものを、ディスクブレーキになって左側にただポン付けすれば良いというわけではありません。これによって生じるフレームとフォークのアンバランスをいかに重量増を抑えつつ本来の役割である狙った快適性や運動性能を発揮させるかにあります。
そこが一番苦労するところだそうで、メーカーによって技術力のバラつきが大きく、スペシャのようにディスクブレーキになっても重量増を極力抑えることができるメーカーと、大きく重量増となってしまうメーカーとあります。
ではどちらを選べばよいのか?デザインの好みとか今あるリム用のホイール流用したいとか絶対的な軽さ重視とか、個別のケースを除き、

フレームの性能云々で言うと、フレームを開発する段階でキャリパーの前提で設計されているかディスクブレーキ前提かだと思います。

大泉が大好きなフランスメーカー、LOOKも今年から785HUEZ 、新型795BLADEにディスクブレーキを設定しています。
ちなみに、LOOKの785HUEZならリムブレーキが良いです。
785をDISCにしてしまうと、持ち味が消されてしまうのではないでしょうか。795BLADEなら、ディスク前提で空力とか練られてますから
ディスクが良いと思います。
DE ROSAのカーボンやYONEXならそもそも全車種リムブレーキの前提で開発が進められてますのでリムが良いと思います。
これから徐々にディスク専用設計が増えてくると考えられますが今の段階での評価です。

あとは予算ですね。
予算20万円以下で完成車お考えならリムブレーキの方が良いです。予算というセンシティブな話なので、ロードバイクを買うのに20万円以上出さなきゃだめという話ではありませんので誤解のないように付け加えておきます。
も一つ、今後解禁されると思いますが、レースに出られる方で、国内でJCFライセンスが必要なロードレース(近場では新庄クリテの登録クラスなど)はまだディスクブレーキ解禁していません。宮﨑店長はロードレースに出る場合、リムブレーキのAMIRA SL4を使用しています。

あくまで当店取扱いの2019モデルでの話です。他メーカーとか他店さんのスタンスはよくわかりませんのであしからず。
これからディスクは増えていきます。
ですが2018年の10月現在、展示会に行ってもいまだに他店さんとの話題の中心は

「ディスクってお客さんの反応どうですか?」

来年もこのネタ続くでしょうか。

おおいずみ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です