スペシャライズド2019, 商品紹介

ROUBAIXがいいですよ。という話とS-WORKS ROUBAIX

 


ROUBAIX SPORT 270,000円元々ワイヤー引きのディスクブレーキでしたが、2018モデルにつきプライスダウン。
差額分で油圧ディスクブレーキにアップデートしての納車でした。

スペシャライズドのディスクロードが高評価です。他社に先駆けて開発を進めていたアドバンテージもありますし(2013ROUBAIX SL4 DISCがスペシャライズド最初のDISCロード)
VENGEのレースシーンでの活躍に引っ張られる形で、「ディスクブレーキのバイクならスペシャでしょ」とお問い合わせいただくケースが増えたというのもあります。特にVENGE PROはオンライン上は納期がかなり先になってしまったため完売表記ですが、店頭受注は継続しています。今からの注文で4月の入荷となりますので納期にご注意ください。

今日はエンデュランスロード、ROUBAIXのお話。
スペシャのロードバイクラインナップの中で、ロングライドには快適性の高いROUBAIXが抜群に良いです。
ROUBAIXの素晴らしさは家のまわりをくるくる走ったり、走行距離30km程度のショートサイクリングでは伝わりません。
だって、その程度の距離だったらまだまだみんな元気。
ROUBAIXが魅力を発揮するのはライド後半の疲労した状態です。
このバイクの最大の特徴としてステム下のサスペンション構造、フューチャーショックというものがあります。
このフューチャーショックの特徴として、路面の衝撃を吸収するのはもちろんの機能ですが、
例えば疲労して上体が倒れてしまったときでも路面の反発を全く伝えてきませんし、いい加減なダンシングで上から無駄な力がかかってしまっても反発が起こりません。どれだけ集中力を欠いたいい加減な乗り方をしてもROUBAIXはスムーズにラインを描いてくれるんです。
サスペンション構造と聞くとフワフワするんじゃないの?と思うかもしれません。
ですが、
MTBのサスペンションは80mmから120mm、に対してROUBAIXのフューチャーショックは20mmトラベル。
衝撃を吸収するには必要充分。フツーに乗ってフワフワするようなら、バイクサイズが合っておらずハンドル荷重しすぎです。
ROUBAIXに乗り換えたお客さまのインプレッションでも、ロングライドでも疲れにくくなった、肩が凝らなくなった、腰の痛みが出なくなった、乗り換えたらロードに乗るのがもっと楽しくなった。など。
私自身、ROUBAIXの魅力にハマってしまった一人で、今年お店でロングライドやるときはほとんどROUBAIXを使用していました。
また、32Cまでのタイヤが入りますので、シクロクロスタイヤを履かせてのグラベルツーリングなんかも快適に楽しめます。

自転車乗りのテーマのひとつとして、「無事帰る」「翌日の仕事に響かせない」というものがあります。
この2つを大事にしているライダーなら、きっとROUBAIXはとてもいい相棒となるでしょう。

BikeRader パリルーベを制したサガンのROUBAIX

じゃあ、ROUBAIXは速く走るには向かないの?
いえいえ、そんなことありません。元々ROUBAIXは伝統的な石畳のレース「パリ・ルーベ」を勝つために作られたレーシングバイク。
ペテル・サガンはこのROUBAIXで今年のパリ・ルーベを制したんですよ。
Smoother is Faster「快適さは速さにつながる」これはVENGEでも、TARMACでも、スペシャライズドの今のバイク作りのテーマでもあります。
事実、3位に入ったのはニキ・テルプストラのTARMAC SL6でした。


ちなみに、S-WORKS ROUBAIXのフレームセット、
価格改定により45万→34万と大変お買い得となっております。
スペシャの持つ技術の粋を結集したS-WORKSが定価ベースでこの価格になることはなかなかありません。
手持ちのコンポを移植などすればかなりお安く組むこともできますし、この機会にRetul Body Geometry Fit(当店価格21,600円)を受けていただくとさらに30,000円プライスダウンになります。
在庫限りとなりますのでお早めにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です