雑記

新型DURA-ACE R9270入荷!


予定では10月末入荷でしたが、少し遅れて昨日入荷してきました!
R9270 新型DURA-ACE
全国で数百セットしか作られない初回入荷のプライオリティーパックを確保しましたので早速御開帳です。


「決して妥協しない人のために」
蓋の裏にはシマノからの強いメッセージが。
和菓子の上に乗ってるような紙もDURA-ACE


こんな感じで入っています。
実は少し前にYONEXの営業さんが来て、いち早く新型DURA-ACE搭載のCARBONEX HRに試乗させてもらっていた私。
これまで
7700DA
9000DA
R9100DAとDURA-ACEばかり乗り継いできました。
進化の歴史はそれなりに踏んできたわけですが
R9100と比較して、12速になっただけでしょ?と思っていましたがここまで進化したのか。。と感心しました。
もちろんYONEX のCARBONEX HR DISC、すごい良かったですよ。
HRのリムバージョンの時に感じていたしんどい堅さはチェーンステイの延長のおかげで良い意味で程よくマイルドに変わってこれはいいぞと。。。
あ、YONEXの宣伝になってしまった。DURA-ACEに話を戻しましょう。

レバー形状。胴回りに変化はないものの先端部が大きくなったのは明確な握りの変化がありました。しっかりと握れる長さになったことでエアロフォームもしっかり取れる。
昨今のトレンドはこの「ツノ」を握ってのフォームで、ドロップ部よりもエアロ効果が高いそうです。プロレースを見ていてもレバーをかなり内側に向けてセットしてる選手もいますが、
内側に向かったレバートップもTTポジションに近いコンパクトなフォームを取ることができます。
STIレバーからはワイヤレスで信号が送られるようになりました。電池は1年半ほど
ちなみにDi2のバッテリーはシマノの説明では1000km以上です。


ジャンクションAは廃止になりRDに充電ポート。FDはモーターが高性能化で小型化ハイスピード化しています。動いてる動画は散々拡散されてるので探していただければと思いますが、実際に試乗した感じだとリヤ変速がシームレスに変わるのが素晴らしいです。あとはリヤにみんな大好き18Tが設定されたことがトピックスでしょうか。


ワタシ的にR9270最大の進化はブレーキキャリパーでして。
なんとワンピース構造になりました。ワンピース構造は剛性アップで軽量になる代わりに製造が難しく
SRAMも一時期RED HRDはワンピースでしたが精度がでなく断念し、モデルチェンジでツーピース構造に戻しています。
ちなみにBR-R8170はツーピースのままですのでここはDURAと明確に違いが出たところです。
パッドクリアランスも拡大し調整しやすく、ローターが擦りにくくなっています。
あとは細かいところでいくとブリードポートとブリードねじが別になったところはメカニックかなり嬉しいポイント。作業性が向上しました。
ブレーキキャリパーについては旧ST-R9170のレバーとBR-R9270、ST-R9270と旧BR-R9170それぞれ互換性がありますのでブレーキキャリパーの交換だけも可能です。

この初回プライオリティーキットはブログ掲載前にご予約いただきましたありがとうございます!
もう数セット発表時に予約してありますので入荷は早い方だと思います。

よろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です