雑記

CARBONEXのDNAを受け継ぐYONEX「GROWENT」ご予約開始!


YONEX GROWENT(グローエント)
シマノ105完成車価格380,000円(税込418,000円)
フレームセット価格298,000円(税込327,800円)

YONEXのフラグシップCARBONEXの実績はいわずもがな。
新潟県でハンドメイドされる、国内唯一のメイドインジャパンのロードバイクです。
(国内でカーボンを製造する施設を持てるのはYONEXという大きな会社だからこそ。)
その性能の高さや実績は国内レースやアマチュアレースに詳しい方ならすでにご理解いただいてることでしょう。
直近では東京オリンピックの女子ロードレースで金子選手が使用しています。
私自身、過去にCARBONEX のリムブレーキ版を愛用していた一人ですが、やっぱり国内生産だけあってフレームの中が綺麗なんですよ凄く。
ああこれが新潟で一本一本職人の手によって作られているんだなと思うと製品としてだけでなく、これを所有する喜びみたいな愛着が湧いたものです。

まさにストーリーのあるバイク
重量も650gと軽量で、今でこそAETHOSのようにフレームがアンダー600gのバイクも登場しましたがそれでもペダル込みアンダー6.5kgのバイクを作れてしまいます。

さてさて、この「GROWENT」
YONEXが発売するバイクとしては破格の380,000円

しかもフレーム重量820g 軽い!同価格帯では最軽量です。

営業さんに「国内生産なんですか?」と聞いてみましたが、
「フレームの成形までは新潟生産ですが、パイプを持っていって接合と塗装は台湾で作っているのでメイドインジャパンとは言えないんです~」
とのこと。確かにこの価格でメイドインジャパンは難しいでしょう。
YONEXの独自技術の流出も心配。なので日本と台湾のミックスみたいな作り方になっています。
最終仕上げ地が台湾なので正式にはmade in TAIWAN
台湾生産が悪いわけではありませんよ。YONEXが良すぎるんです。
ただ、美しいパイプの処理やゴムメタルなどのCARBONEXの技術はそのままに、手の届きやすいバイクとなりました。
もうメイドインジャパンで良いのでは。

完成車はシマノ105の油圧ディスクにホイールはシマノ・WH-RS171-CLでフレーム+118,000円ってもう価格面でも大手と勝負する気満々です。

走りはロングライド志向の方から競技初心者~中級者、ベテランまで。
ロング志向と競技志向じゃ相反するんじゃないのって思うかもしれませんが、これは乗るとよく分かるんですが快適なのに速い。
進むの考え方が「しなり」と「返り」という極めて日本的な考えで作られていますので、シンクロが合った時に抜群に進む。
人車一体になれるバイクです。

世界のYONEXが作るロードバイクの素晴らしい乗り味をぜひ体感いただきたい一台です。
本日より数量限定でご予約賜ります。
ご連絡お待ちしております!

入荷予定

完成車サイズXS  162〜170cm  1台 5月頃入荷

完成車サイズS  168〜174cm  1台 5月頃入荷

完成車サイズM 174〜182cm  1台 3月頃入荷

他サイズもご予約可能です。

ご参考までに
GROWENT | YONEX ROAD BIKE(ヨネックスロードバイク)
ヨネックスから快適性重視のディスクロード「グローエント」新登場|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|cyclesports.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です