雑記

ラファプレステージ三条に参加してきました!


世界的なサイクルアパレルブランドRaphaが開催するイベントRapha Prestige に参加してきました。
Gentlemans Raceの頃から出たかったイベント。
レースではありません。チームで協力してグラベル含むコースを走り切る。チェックポイントは必ず全員で通過するというルールです。
本当は昨年「Rapha Prestigeやくらい」に当選していたけどコロナ中止となり悔しい思いをしていたところに降って湧いた幸運。
Team Cyclestaを再結成して挑んできました。


当初30Cのスリックタイヤを用意。
が、発表されたコースが130km2400mUP、更にはグラベル区間が35km近く。
タイヤチョイスは先人に聞くのが一番。シクロクロスを長年走っていた妻に聞いてみたところ
「シクロクロスでもセミスリックで速いのはC1の一握り。大概の人はMUDタイヤの方がコケにくいぶん速いよ」
「グラベルキングならブロックのあるSKとかSSの方が楽しく走れると思うよ」
というわけでタイヤはGRAVELKING SS チューブレスに決定。本当は7月のBike Beach & Bergsで投入する予定で買ってたけど前倒し投入することに。
結果的にこのアドバイスはドンピシャでハマったのです。


岸さんと待ち合わせて前日受付。
ブルベカードや協賛品のオンヨネ製マスク(サカモトさんありがとうございます)、新潟のRCC会員の方の米(Have a Good Rice)をいただく。
Raphaの看板を持って浮かれる2人。ちなみに私はRCC会員なのです。キャップも誇らしげ。

ブルベカードもRaphaの世界観。格好良い


スタートは5:00から2分間隔。ブリーフィングを終え続々スタートしていきます。
レギュレーションでチームごとジャージを揃えるというのがあり、やっぱり揃ってるとカッコ良いですね。
中にはヘルメットやシューズまで統一してるチームもありました。


さてさて私達の番。お気に入りの看板は今日も共にある。
Rapha製のジャージでなくて本当に恐縮なのですが、ボーダーカッコ良い!シマシマー。などと周りから声がけいただき自信を持ってスタートすることができました。
アットホームな雰囲気で他社製ジャージでも受け入れてくれるRaphaには感謝しきりですし、次回また機会があればRaphaアイテムをもっと身につけていきたいと思います。


さあいよいよスタート!チーム一丸だあ!
速さを競うものではないので三条の景色を楽しみつつ完走目指していきます。早速レンズ曇ってます。


早速グラベル。大したことないじゃんと思うでしょ?
写真撮れる場所でしか撮ってないだけなのです。ほとんどのグラベルはそんな余裕もなく。
前日の豪雨でぬかるみ轍がすごいのなんの。


グラベル出口で待って撮影。
今回私以外はスリックのグラベルキング28cのためスリップしたり苦労していたようです。
アドバイスをくれた妻すげえと三条の山中で想いを馳せました。


35km地点CP1。ようやく到着。


gogoさん。
実は旧知の仲でして、昔私がメッセンジャーをしていた頃に同時期に東京を走っていた先輩。
違う会社でしたが親切にしていただきました。リスペクトしている人。
CMWC東京2009とか熱狂の時代ですね。
現在はRaphaにいらっしゃいます。


家族写真風で撮ったはずですがなんか違う。


この日チェックポイントになってないものの皆が立ち寄ったのが新潟名物 笹団子屋。
5個単位での販売なので10個買って山分けです。
ここで信越ローカルでもある妻から教わった笹団子の正しい食べ方をみんなにも教えてあげました。
「笹団子はバナナのように剥いて食べると手が汚れない。」
#私の好きな言葉です。


走っていて気がついたのですが、他チームの人でも撮ってくれる人がいて嬉しかったです。
みんなそれぞれの楽しみ方でPrestigeを満喫してるんだなーと。同じ大会に出ているチーム同士声かけあって助け合いながら進む。

15%4連発。
15%以上だから舗装してるだけで前後は14%とか13%のグラベル。
私のタイヤでも滑っていたので他の人はもっと大変だったでしょうね~。
この先にCP273kmがありましたが写真撮る余裕なく。
群馬グリフィンの人たちもパンクしまくってました。


これが地図上では最後のグラベル区間。のはずですが
それでは終わらないのが主催者の心意気を感じました。オカワリどうぞーなグラベルわんこそば状態。
洋平さん、あまりのシンドさに目がイッております。
私も後半は必死に走ってました。


そしてゴール。
8時間26分 
感動の、というより無事に戻ってこれた安堵と喜びと。
120km 2400mUPですが数字には現れないタフなコースでした。
山形だとこのようなコースを取るのは難しいでしょうね。


参加賞のRapha製キャップとサコッシュ。
そして自分へのお土産に知る人ぞ知る「乗る練習」のキャップとバンダナを買いました。満足。

この2日間はどっぷりRaphaの世界観に浸り。
ここに来れた自分は幸運だと思いました。
当店では取り扱いのないRapha製品ですが自転車に対する熱意や他メーカーが真似するほどの製品づくりは素晴らしいと思います。

大会当日の様子はInstagramで#rpsanjoで探してみてください。


おしまい。次は7月2日3日のBike Beach & Bergs!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です